Quoi Q&A -the dawn-

Mamiko Naito (Color Artist)

Q 1

色彩作家をはじめたきっかけは?

A 1

色彩作家とは自分で作った肩書きでして

私は「人の想いや感情を色彩で表現する」ということを軸にしている美術家です。

活動内容としては、色彩アート制作、色彩デザイン制作

色彩講師活動の3種があります。

活動を始めたきっかけ、、というと、

美大を卒業して東京で3年ほどグラフィックデザイナーとして働いたのちに

自分にしかできないことをやりたいと思って仕事を辞めました。

その後ロンドンに留学するのですが、自分のアイディンティティーは

何かということを明確に出来ていないということに気づき

日本で探すしかないと思って帰国しました。

それから、自分と向き合って根本的に興味関心があることを探っていく中で

元々感情を上手く表現することが苦手だったことから

目に見えない複雑で繊細な想いを、何かで表現して認めてあげたいと

思うようになりました。

表現の手法を探している際に、祖母が残してくれた日本画顔料と出会い

今の活動へと繋がっていきました。

Q 2

デザインのはじまりとおわりは?

A 2

”自分がデザイン仕事をする際の考え”という観点で考えました。

依頼者の想いを聞くことが”始まり”で

用途、動機、感情をヒアリングし、正しく受け止めて、自分ができるベストを尽くし

最終的に依頼者が喜んでくれることで”終わり”と思っています。

Q3

今年1番感化させられた事柄は?

A3

3年ぶりに個展を行ったのですが、

自分の専門外の事も展示設計の要素としていれる必要があり、

沢山の方に協力をお願いしなければなりませんでした。

予算も期日もあまり余裕がなく、最初は申し訳ない気持ちでしたが

他の分野のスペシャリストのみなさんが、心よく力を貸してくださったことに

非常に心を打たれました。

自分の世界を掘り下げる重要さももちろんですが

一人でできることの限界を感じ、協力して創造する素晴らしさを、改めて知りました。

Q4

10年後のビジョンは?

Q4

10年後というと、文明の進化や、天変地異などもあると思うので

あまり明確にイメージしきれないな~というのが正直なところです。

強いてゆうなれば、こころも身体も健やかでありたいです。

時代の変化に嘆く事なく、色彩作家として生きていたいと思います。

Q5

​最後に何かあればどうぞ。

A5

毎朝、諸々一段落したら鏡の前にたって、

「人生は奇跡の連続!」と叫んでいます。

元気なときも、そうでない時もありますが

気分がよくなるので、よかったらお試しください。

Mamiko Naito (Color Artist)

Instagram  @mamikonaito

facebook   色彩作家・内藤麻美子

 

Website http://mamikonaito.com

 

毎月第二金曜日、京都の老舗顔料店の上羽絵惣さんにて色彩ワークショップを開催中です。

詳細は、ブログかインスご覧下さい。

 

TehuTehu_logoc.png